カテゴリー別アーカイブ: 新商品

テレビボード製作

今回はお客様持参の図面でテレビ台製作依頼です、

ご希望のデザイン、寸法を検討されて持参されました、

大きなもの、小物まで図面持参のご注文がよくあります。

荷重がかかる所や、いろいろ問題出ないようにして、

極力変更はせず、変更した図面を再度送付して確認後作業を進めています。

板を削り刻んだ後の各パーツです

(25年ほど前製材した乾燥材です)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

組立状態

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成写真

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成写真

(天板、地板に杢入り材となって居ます。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケヤキ材、天厚さ33ミリ

サイズ左右巾1650奥行350x高さ400ミリ

左はテープデッキ置き、すりあげ戸

お客様に要望どうりで大変お気に入りされました。

変形食器

かねてより丸い器より〝変形うつわ”を製作したく思っていましたが、

量産して安価にすることは難しく、NⅭで加工することは価格が高くつき、

やはり当方の機械で手間をかけ、制作するしかありませんでした。

内側の掘るのはろくろです、2段階で掘ります。

外形

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外形№2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長堀り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外形帯鋸挽き

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塗装

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サラダボール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

くまさん食器・・・京都産の木を使う

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
反らないよう柾目の材料を使用、帯鋸で少し大きめに木取。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
内側を少し小さめに掘り 半年ほど置き巾やせをさせる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

荒削り状態

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
仕上げ加工に入り、正確に帯鋸で再度引き直しする。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
真空吸着盤を作り外周の整形

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内側最終堀彫仕上げをする。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色々な番手を変えて内側サンダー研磨

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
内側のペーパー加工は一番大変な作業で、色々な工具を使い内側を仕上げる。耳部分を作るのでプラスティック製品と違い、木製品は内側の仕上げが大変である、この部分でかかる時間は耳2カ所で3倍となる。木製品で耳付がないのがよくわかりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           スポンジサンダーで外周仕上げ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

食品対応の塗料を3度塗り表面強度を強くする。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ケヤキ材 高さ25ミリx左右250x奥行220 食品対応の塗料を3回塗り丈夫にしています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
栃材  高さ25ミリx左右巾250x奥行220。 周りを高くして角度をつけて皿よりこぼしにくくしています。

 

やぐらこたつ兼つくえ〈注文品〉

足部分と天枠
足部分と天枠の組立前。 枠は固い紫檀を使用。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
台部分を組立て
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
組み立てた状態、長年使用できるよう十分乾燥した材料を使い、各部分、組方も考えて金具、くぎ等は使用せず丈夫に出来ました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
反らない様に天板3枚合わせにして真空吸着盤で天板の荒削りこの後、手カンナ仕上げて磨く。厚さ9㎝の材料を10年ほど乾燥させ更に厚さ16ミリにして10年乾燥させた枠つくえ用の板を使用しています。 熱を加えるので一番気を使うところである。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
天板はケヤキ1枚板の最上級の杢目を使用 周りは固い紫檀を使用。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
天板を乗せた完成品。シーズンオフには机として使用。 熱を加えるので十分乾いた材料を使用。900ミリ角高さソファーに合わせ460ミリ。大変お気にいられた。

 

組み合せ箸

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
つなぎ部分を正確に直角に削ることにより、箸全体がななめにつなぐことの無いようにしています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
芯部分に正確に錐で穴をあけることが最重要であり又、斜めにあけても不良品になる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
旋盤を使用。錐先は特殊強度のもの
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
芯材は丈夫な黒檀を使用、全体を少し大きめに製作し最終仕上げは手元10ミリ先2ミリに仕上げる、当方の箸つくりは機械化していなく、手作業ばかりなので箸作りは大変である。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
食品対応の塗料を塗りペーパーとぎしては3度繰り返しより強くする。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
縁起の良い紅白のトチⅹ紅紫檀。黒柿ⅹ先白い楓。槐 緑色のキハダ等色々な銘木材を使用。綺麗な珍しい杢目を使用、先の方はより固い材を使用、つなぎ箸は当社だけの物。

4段引出しケース

 A4の書類がすっぽり入る4段引出しケースを製作しました。

引出しの全面は欅・栃・紅紫檀・黒檀の珍しい杢目を使用しています。
全て自然の色合いです。
引出しの内側は桐を使用しています。

重厚感があり、使い勝手が良いサイズに仕上げました。

側面や各ケースの間の木は、特に良質の材質で薄く作りました。
密度の高い硬質な木は重く、できあがった製品自体も重くなります。
その分傷つきにくい製品になり、価値の一つとなります。
”商品が重い=良い木を使っている”ということなのです。
木を薄くする作業はとても手のかかる仕事ですが、
お客様が使いやすいよう・・・ということを一番に考えて製作しました。

 

左側溝を突いた板
左側溝を突いた板
帆立と地板の組み合わせ。
帆立と地板の組み合わせ。
棚板の取り付け
棚板の取り付け
少しきつめに溝入れします。
少しきつめに溝入れします。
正確な折りカネをだしながら組立して居る処。
正確な折りカネをだしながら組立して居る処。
引出し中にA4用紙入ります、内部桐材。
引出し中にA4用紙入ります、内部桐材。
周り欅材・引出し上より 紅紫檀・ケヤキ・トチ・黒檀、全無垢材、
周り欅材・引出し上より
紅紫檀・ケヤキ・トチ・黒檀、全無垢材、

ロッキングチェアー

お客様のご希望により
重厚感のあるロッキングチェアーを製作することになりました。
既製のロッキングチエアーにはない、オリジナルのデザインを考案しました。
このロッキングチエアーの特徴は、ほとんどすべての箇所がカーブしており、
全て手作業で製作するので、工程日数は多くかかります。

親柱部分加工 形状に曲った杢目で加工

柱足部分の組立し部分も曲った木で年輪の切れないよう曲った材を使用しています
〈柱足部分の組立〉
足元部分も曲った木で年輪の切れないよう、 曲った材を使用しています。
肘部分の組み立て 色々な角度から、組み立てます。
肘部分の組み立て
色々な角度から、組み立てます。
親柱、黒い色のウエンジ(アフリカ材)を使用 高さ 巾 奥行 重量
〈親柱〉黒い色のウエンジ(アフリカ材)を使用
高さ1000  巾1100   奥行  630 重量42㎏
親柱〈赤色)紅紫檀 寸法高さ1000巾1100  奥行630重量39㎏
親柱〈赤色)紅紫檀を使用
高さ1000 巾1100 奥行630 重量39㎏

重さがあるのでいつまでも揺れます

黒、赤のセット
黒、赤のセット