yamasyo のすべての投稿

木製楕円うつわ

まん丸い器と違い楕円器は回転するろくろではできず、特殊な機械を考え材を固定して中を掘る方法で制作します。

日本国産材を使用、欅・桜・栃・ホウ・栗・槐・タモ・銀杏・楓・木肌・桑・栓桧・桐・等、固い材から柔らかい材まで色々な材を使用し、木目を楽しみ、食器、小物入れとして使用します

長材より木取り

荒堀状態

外周を丸くする
荒堀状態

色々な材をこのようにして1から2年置きます。

仕上げに入りました、ベルトサンダーで順次細かく仕上げます。

ぺーパーで仕上がった状ぺーパーで仕上がった状態。

 

塗装状態

木製なので染みがつかない様、その都度ペーパーをかけながら下塗り、中塗り、仕上げ塗装をします。

うつわ(小)4,5x10x14cm 桑・槐・栓

うつわ(中)4.5x13x19㎝ 欅・楓(スポルテッド)・栗

完成品

小物入れ 4段

長年(約20年)乾燥させていた材で、小物入れがようやく出来上がりました。

あまり重くてもいけないので、外周13mmにして薄くして軽くしました。

左右360mmx奥行270mm高さ300mm

引き出し桐材、A4が入る寸法です。

 

各部 材料

 

両側帆立て

 

組立中

組立後 奥は引き出し

全部で13箱、1度にこのくらい生産して出来るだけ安価にします。

 

 

 

 

 

栃材(スポルテッド)自然と線が入ったものです、墨絵の様です。

外周 タモ材 玉杢 内装桐材

下より黒檀・紅紫檀・欅・栃

全、無垢板、末代使用品

4列小物入れ製作

今回の4列小物入れは、木の中でも特に杢の入った材を使用しました.

いろいろな材質で欅・エンジュ・キハダ・タモ玉杢・栃線入り16個です、

引き出し中は桐材、縦横置き換えできる様、引き出しも正確に制作しました。

前板は黒檀・ベニシタン・欅・栃・それぞれ色違いです。

2~3年前に木取をして準備していたものを加工したものです。

 

楓材 線入り墨ながし

 

タモ材 玉杢入り

えんじゅ材

 

キハダ材

 

 

 

 

 

狭い所では縦置き、

広い所では横置きにして上は飾棚。

扇子入れ製作

扇子入れのご注文があり、黒柿材の丸筒をお送り致しました、

大変お気に入られ、追加の扇子入れ2本を白い材料でと

ご注文でしたので栃ちじみ杢で製作しました、

幅やせ、するとねじ部分で少し硬くなるため

20年くらいの手持ち材を荒堀して置き

仕上げしました。

栃ちじみ杢 外直径45mmx長さ350mm内径33mm

杢入りのネジ切りが難しい作業です。

大変、喜んで頂きました。

木製食器(プレート)の製作

木製プレートを製作しました。

240mmの平板に、9つの皿状のくぼみを掘ったものです。

食器なので水洗いをしますが、永年使用をして反らない様にするため、

幅広い材料を使い、両側の柾目部分を使用しました。

又、食品が映えるよう明るい材を使用し、当地の桧といちょうを選び

試作を繰り返し、刃物も新しく製作しました。

 

仕上がり製品・・・240mm角

一つの掘り下げたくぼみが径75mmで、色々な食品を

盛り付けることにより、食欲がより一層わくようです。

掘って居る処ですが2万回転なので刃物が早すぎ、写っていません。

四隅をカット。

角のペーパー仕上げ。

中の方のペーパー磨きが大変です。

最後に食品認可塗料で、下塗りと仕上げをしています。

 

左より大240mm角、中央160mm角、右130mm角

 

 

 

 

 

 

レストラン桂川にて、ご使用して頂きました。


 

 

 

 

 

 

京都府南丹市 ❝日吉ダム” 内です。

電話台製作

欅材の電話台です、全無垢材なので後に狂いの無いよう

枠組みと致しました。

下の観音戸は中に電話帳が縦に入り

棚仕切りがあります、

 

(組立中)

 

(完成品)

左右巾600奥行300ⅹ高さ900mm

 

木製スリッパのお手伝い

木製履物制作を依頼されました。

こだわりの履物でデザイン、はき心地にこだわり

何度も変更で完成まで長くかかりました。

日本材で希少価値の杢の入った材を使用、

足先部分と‟土踏まず”がこだわり部分です。

 

8種類の色々な材料です。(荒気取り状態)

 

帯のこで荒原型の加工。

 

 

サンダー加工

 

 

サンダー加工

 

完成品(栃材・自然に入った線・スポルテッド)

 

桐材

(他に、桜・杉・栗・タモ・欅・緑色の朴。)

この後は履物工場です。

テレビ紹介

30.9.9.フジテレビにて、遊山箱が紹介されました。

フランスを始めヨーロッパでの弁当箱の火付け役となった

フランス人オーナーBento&co

2008年開始からこれまで約100カ国に発送、弁当箱の魅力を世界へ発信する「京都発

弁当箱専門店」です。

9/8日からの27時間番組でビートたけし氏・林修氏、司会の長時間番組で

当方の納めている弁当会社Bento&coの 世界へ弁当ご紹介 の番組です、

いろいろな弁当箱を製作していますが、

今回は手提げです。

シカモアちじみ杢・桜泡杢・欅玉杢・楓ちじみ杢・栃ちじみ杢・

全て希少な材料で制作しています。

制作方法です。

 

 

天場、横、底部分のパーツ。

 

引き出し部分。

 

引き出し組み立て

 

引き出し組み上がり。周り、底部分も同質材です。

 

本体組み立て

 

前後の戸板いろいろ

 

前戸組み上がり

杉ぶどう杢・栃ちじみ杢

 

桜ぶどう杢・栃スポルテッド杢

 

欅玉杢・楓ちじみ杢

 

塗装状態 №1

 

装状態№2

 

完成品・楓材ちじみ杢・栃ちじみ杢

 

完成品・栃スポルテッド・楓ちじみ杢

 

完成品・杉ぶどう杢・栃ちじみ杢

孫の手製作

孫の手はかゆいとき即欲しいもの、

なかなかフイットするものがありませんので、

いろいろ工夫しました。

 

角材から手元握りやすく太さを変えて

持ち手部分を製作しています。

長い胴部分を加工して、先部分を加工し

蒸気で20分ほど過熱して曲げます。

 

 

 

桜・木肌・たも等色々な材の完成品です。